過敏性大腸炎 食べ物

過敏性大腸炎を軽減する食べ物を探そう!

過敏性大腸炎は辛いですね

過敏性大腸炎は血液検査や、腸を検査してもはっきりとした異常がないのに
お腹が痛くなったりして便秘と下痢を繰り返すものです。

突然襲ってくる便意と下痢が主な症状ですがいつどこで便意があるかわからず
外出することができないという方も多いのです。

便意の不安がストレスとなりさらに過敏性大腸炎が悪化してしまうこともあります。

命にかかわることはないのですがなかなか完治まではいかず
長く治療をしている方が多いことでも知られています。

生活の乱れやストレスが引き金となって過敏性大腸炎になってしまう場合が多いので
症状の改善には過敏性大腸炎の引き金となっている原因をまずは
解消することが大切です。

過敏性大腸炎は便が出てしまうと不快感はなくなりますが、しばらくすると
また症状が繰り返し何度でもぶり返してしまう厄介なものです。

排便の状態がおかしいと思ったら、まずは消化器内科に受診して
他に病気が隠れていないかきちんと検査することが大切です。

薬にばかり頼るのではなく根本的なライフスタイルの改善が
過敏性大腸炎を治すことの治療の第一歩となります。

規則正しい食生活をして腸が正常に働くようにしなければ
いくら薬を飲んでも過敏性大腸炎はよくなりません。

食べ物で症状を和らげよう

過敏性大腸炎にいい食べ物は消化がよく暖かすぎるものや
冷たすぎるものは腸を刺激し症状を悪化させてしまいます。

香辛料がキツイカレーや酸味の強いレモンやグレープフルーツなども
腸を刺激してしまいます。

また脂肪分が多い食事も腸を刺激します。

過敏性大腸炎の一定の効果があるといわれている食べ物に
乳酸菌がありますが、牛乳やヨーグルトを食べると下痢をしやすいという方は
乳酸菌のサプリメントなどがお勧めです。

お腹に優しい食べ物は、雑炊やうどん、煮魚などの消化にいいものです。

毎日同じ時間帯に食べること、栄養のバランスが偏らないようにすることが大切です。

食事だけでは過敏性大腸炎はよくなりませんので対処療法として
薬を服用することも大切です。善玉菌のチカラは通販が安い!!!

またストレス過多になっていると、過敏性大腸炎は軽快しませんので
できるだけリラックスする時間を作ることも大切です。

消化に良いものを食べ、乳酸菌サプリを飲み、医師から処方された薬を飲む。
さらに規則正しい生活習慣を身に付けストレスを溜めない生活をすることが
過敏性大腸炎を治すための第一歩となります。

また、喫煙やアルコールは腸を刺激してしまいます。

禁煙したり禁酒したりすることも大切ですよ。